ブラウザは、”Google Chrome” 推奨!

【最近の投稿】

2011年10月27日木曜日

11/27日 茨城新聞記事

茨城のサポーターから情報提供してもらいました^^v 感謝です。

ベスト8出そろう
 全国高校サッカー県大会 サッカーの第90回全国高校選手権大会の第2日は26日、ひたちなか市総合運動公園スポーツ広場などで2回戦8試合を行い、8強が出そろった。
波乱の試合が相次ぎ、県高校総体優勝で第1シード・水戸商、第3シード・水戸桜ノ牧、さらに境、波崎柳川、下妻二のシード勢が敗れた。水戸商―鹿島戦は延長でも決着がつかずPK戦へ突入し、鹿島が競り勝った。水戸桜ノ牧―総和は、総和が1点を追う後半延長に2点を奪い勝負を決めた。2連覇を狙う鹿島学園は1-0の僅差をものにし、初優勝を狙うウィザスは大量7得点を奪い、それぞれ順当勝ちを収めた。県南地区勢は全て姿を消した。 第3日は30日、鹿島ハイツなどで準々決勝4試合を行う。

 ウィザス 7発圧倒
個々の能力が高いウィザスが、圧倒的な攻撃力を見せつけた。 前半5分、MF霜出聖也(2年)が先制ゴール。1分後にはFW枡屋竜二(3年)が加点し、21分にはMF西野拓麻主将(同)が直接FKを決めて中押し。ピッチを広く使ったパスサッカーから多彩な前への仕掛けが繰り出される。「シュートの意識はみんなが持っている」と西野主将。さらに、DF松島寿樹(同)の右コーナーキックが直接ゴールネットを揺らして4点目。前半で試合を決めた。
大勝にも慢心はない。準々決勝まで中3日。西野主将は「早く体力を回復し、コンディション、モチベーションともチームとして高めていきたい」と次を見据え、表情を引き締めた。

掲載写真 
藤代―ウィザス 前半、シュートを放つウィザスのMF西野=ひたちなか市総合運動公園スポーツ広場            



↓↓↓応援クリック感謝です。励みになります^^v にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
にほんブログ村

0 件のコメント:



提供:PINGOO!